ドラマ、映画の気になる話題(30才以上限定)

ドラマ、映画関連の最新トレンド情報を見つける!!

その他

ダイハツのCMに出てくる「海中ポスト」は実際にある?

yjimage

ダイハツの、軽自動車、「キャスト・アクティバ」のCMで

海中ポストの映像が登場している。

 

 

実際にこの海中ポストは存在するのだ!!!

 

【どこにある?】

設置場所は、和歌山県のすさみ町の枯木灘(かれきなだ)海岸、

岸から100m沖の水深10mの海底に設置している。

1999年4月に南紀熊野体験博でのイベントの一つとして

和歌山県すさみ郵便局局長の発案で設置された郵便ポストである。

体験博が終わってもポストは生き残り、2002年には

ギネスブックに「世界一深いところにあるポスト」として認定された。

 

【ポストとして機能しているのか?】

実際に投函されたハガキは地元のダイバーが毎日回収し、

日本郵便株式会社を通じて全国に配達される。

 

1日平均10通、週末や夏休みには多い日で50通のハガキが投函される。

2002年6月9日に投函数が1万通、2005年12月25日には投函数2万通、

さらに2011年10月1日には投函数が3万通を記録した。

 

【どうやって投函する?】

誰でも投函できるってワケではない。

海中ポストにハガキを投函したい人は、

地元のダイビングショップ「クラブノアすさみ」の

ダイビングツアーのひとつ『ビーチダイビングコース』(6,800円~)

に参加しなければならない。

 

海中ポストに投函するハガキは専用の耐水ハガキで、

油性マジックでメッセージを記入する。1通が150円。

ダイビングできない人はダイバーに投函を依頼できる。

 

ただし、専用ハガキは現地でしか販売していない。

そうなんです。ちゃんと町おこしのビジネスになっている。

 

【どうやって回収する?】

投函されたハガキは、その翌日にダイバーが回収して

郵便局に届けるそうです。

ダイビングショップで管理しているので、誰がいつ投函したか

がすべて分かるのだ。

 

海中なのでポストの劣化が激しいとのこと。

海に沈めて数カ月もすると貝やら海藻が付いて赤くなってしまう。

今は2つのポストを1年に数回、交互に取り換えているそうです。

 

テレビ番組でも紹介された。

2003年8月20日放送のトリビアの泉で、

『No.194 海底にも郵便ポストはある』として紹介された。

 

今まで知らない人もたくさんいたのではないでしょうか。

改めて、CMの威力を感じさせられる。

 

アイデアとしては、実にすばらしい。町おこし、活性化に

つながるし、観光ビジネスとしても成り立ちそうだ。、

ナポレオンの村ではありませんが、いろんなことが、

ビジネスチャンスに結び付くということが、よくわかります。

 

実際に、年賀状を出される方が多いようです。

海底からの年賀状なり、暑中見舞いだと忘れられないですね。

 

-その他
-,