ドラマ、映画の気になる話題(30才以上限定)

ドラマ、映画関連の最新トレンド情報を見つける!!

洋画

アン・ハサウェイとデ・ニーロの「マイインターン」

main

マイインターン

2015年10月10日公開

ニューヨークのファッション業界を舞台に、オンラインサイトの

CEOとして働くキャリアウーマンが、40歳年上のアシスタントとの

出会いを機に成長していく姿を描くヒューマンドラマ。

 

アン・ハサウェイがスマートで美しいヒロインを熱演し、

女性からの共感を呼ぶ。

名優ロバート・デ・ニーロとの初共演にも注目だ。

 

監督 ナンシー・マイヤーズ 

脚本 ナンシー・マイヤーズ 

キャスト

ロバート・デ・ニーロ

アン・ハサウェイ

 

ストーリー

家庭を持ちながら何百人もの社員を束ね、ファッションサイトを

運営する会社のCEOであるジュールズ(アン・ハサウェイ)は、

女性なら誰しもがあこがれる華やかな世界に身を置きながら、

仕事と家庭を両立させ、まさに女性の理想像を絵にかいたような

人生を送っているかに見えた。

 

しかし、彼女に人生最大の試練が訪れる。

そんな悩める彼女のアシスタントとして、会社の福祉事業として

雇用することになった40歳年上のシニア・インターンの

ベン(ロバート・デ・ニーロ)がやってくる。

 

人生経験豊富なベンは彼女に最高の助言を与え、

2人は次第に心を通わせていく。

やがて彼の言葉に救われたジュールズは、予期せぬ人生の

変化を迎える……。

 

古風で紳士的なシニアインターンのベンがめまぐるしい日々を送る

若者たちに良い刺激を与えていき、二つの世代の交流を見事に描いている。

ロバート・デ・ニーロ演じるベンは、スーツにネクタイ、

クラシックなヴィンテージ物のバッグを持ち歩き、

明らかにファッションサイトの会社には不釣り合いな恰好だ。

 

一方、一緒に働く若者はフード付きのパーカーで仕事をし、

スマホを操り何でもメールでやり取りする。

見た目もコミュニケーションの仕方も全く異なる二つの世代が

浮き彫りになる。

 

しかしベンはシニア世代だからこそできる紳士的な振る舞いで

一目置かれる存在になっていく。

 

ジュールズが泣いているときにそっとハンカチを差し出し、

彼女の涙を拭うシーンがある。

「ハンカチは女性が泣いているときに差し出せるために持っているんだ」

とベンが言い、女子のハートをがっちり掴むモテテクを披露。

ベンと一緒に働く草食男子たちはそんなベンの振る舞いを見て、

モテる男のテクニックを学んでいき次第に彼を慕うようになっていく。

 

ロバート・デ・ニーロは、昔かたぎのシニア世代でもまだ活躍

できる場があると語る。

「ベンは常にスーツにネクタイを着て相当古風な男なんだ。

でもシニア世代だってまだまだたくさん世の中のためにできる

ことはあるし、何かを作り出すこともできるんだよ」と言い、

シニア世代だからこそ若者に教えられることもたくさんあると話した。

 

アン・ハサウェイも

「私が演じたジュールズは猛スピードの生活を送っているから、

ベンにペースを落とされると思って最初はベンが来ることを嫌がるの。

でもベンは彼女の言い分に黙って耳を傾け、批判したりせず

ありのままの彼女を受け入れて穏やかな雰囲気をもたらすのよ。

それはベンがシニア世代だからこそできることだと思うの。

二つの世代がぶつかり合って楽しかったわ」と話し、

二つの世代がお互いに良い影響を及ぼしていく様子が面白いと語る。

 

さらにナンシー・マイヤーズは映画同様、若手俳優たちが

名優ロバート・デ・ニーロから常に学びたがっている様子を

目の当たりにし「映画では最初オフィスの若者たちは70歳の

ベンがパソコンの起動方法を知らないことにびっくりするの。

でも次第に自分たちに混ざって働くこの思慮深いおじいさんに

興味を持ち刺激を受けていくのよ。みんなベンに助言を求めて、

彼のようになりたいって思うの。

それは実際にザック(・パールマン)やアダム(・ディヴァイン)

たち若手俳優がデ・ニーロのそばにいて彼から学ぼうと

していたのと同じだった。

それこそ劇中の彼らのベンに対する気持ちと同じだったから、

その様子を見るのがとても嬉しかった」と、

 

キャストの実際の関わりがスクリーン上の関係に影響を

及ぼしていった様子が微笑ましいと感じたことを明かした。

 

ロバート・デ・ニーロの経験と、年齢を超えた魅力が見られそうだ。

アン・ハサウェイもいつまでも美しい女優として楽しみ。

(出所:movie walker)

 

 

-洋画