ドラマ、映画の気になる話題(30才以上限定)

ドラマ、映画関連の最新トレンド情報を見つける!!

洋画

ザ・ウォーク

maxresdefault

ロバート・ゼメキス監督の「ザ・ウォーク」

2016年1月23日公開

 

解説

1974年にワールド・トレード・センターでの空中綱渡りに挑戦した、

フィリップ・プティの著書を実写化した実録ドラマ。

彼が成し遂げた前代未聞の偉業の全貌が映し出される。

メガホンを取るのは、『フォレスト・ガンプ/一期一会』などの

ロバート・ゼメキス。

『ドン・ジョン』などのジョセフ・ゴードン=レヴィットが

フィリップ・プティを熱演、その脇をオスカー俳優のベン・キングズレー

らが固める。

 

事実は小説よりも奇なりを地でゆく物語はもとより、

めまいがしそうな歩行シーンも見どころ。

yjimage2

キャスト

ジョセフ・ゴードン=レヴィット

ベン・キングズレー

シャルロット・ルボン

ジェームズ・バッジ・デール

監督 ロバート・ゼメキス

原作 フィリップ・プティ

脚本 ロバート・ゼメキス  クリストファー・ブラウン

 

ストーリー

1974年。フランス人の大道芸人フィリップ・プティ(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、誰も考えついたことのない挑戦をすることに。

それはニューヨークのマンハッタンにそびえ立つ2棟構造の高層ビル、

ワールド・トレード・センターの屋上と屋上の間にワイヤーロープを

張って命綱なしで渡っていくというものだった。

 

そして、ついに決行の日を迎えるフィリップ。

地上110階の高さに浮いているワイヤーを、一歩、また一歩と

進んでいく彼だったが……。

(出所:シネマトゥデイ)

 

フィリップ・プティは、2009年6月のドキュメンタリー映画

マン・オン・ワイヤー」公開時に来日している。

そして、6月19日、都内で会見を開いた。

9d7b95b075aea42eaf73e19a63c571dfbe9948101247475643

プティは、23歳だった'74年に、当時世界一高いビルだった

アメリカ・ニューヨークのワールド・トレード・センターの

2棟のビルの間に無許可でワイヤーを張り、東京タワーよりも高い

地上411mでの綱渡りを行った。

一度は逮捕されたプティ氏だがすぐに釈放され、

この綱渡りは“史上最も美しい芸術犯罪”とさまざまな分野の

クリエーターから絶賛された。

 

WTCでの綱渡り以後、500回以上の逮捕歴を重ねている。

会見でも、飾ってあったフルーツでジャグリングをしたり、

綱に見立てたロープで手品を披露したりと旺盛なサービス精神で

記者から拍手を浴びた。

 

来日は、東京・赤坂のミカドビルで綱渡りをした'90年以来のこと。

「すっかり景観が変わりましたね。美しいビルや伝統的な建物が多く、

とても魅力的です。東京都知事から招待の連絡が来るといいなと

思っています(笑)」と東京都庁ビルでの綱渡りに意欲を見せた。

WTCのワイヤーを渡っている時の心境について、

 

「完全に“無”と向き合っていました。しかしそれは、ありとあらゆる物が存在するとても満たされた“無”です。

少しも怖いと思いませんでした」と昨日の出来事のように身ぶり手ぶりを交えながら語った。

「マン・オン・ワイヤー」は第81回アカデミー賞で

最優秀長編ドキュメンタリー賞に輝いたほか、世界の映画祭で

50以上の賞を獲得した。

若者に伝えたいメッセージは、

「“やっちゃいけない”と大人に言われても聞かないこと(笑)」と

幾多の逮捕歴のあるプティ氏らしい反骨精神を訴えていた。

 

まともな神経ではとてもできない。

実行しようという計画と実行する意欲はどこからくるのだろうか?

冒険家もたくさんいるけれども、その気持ちはなかなか理解できそうにない。

 

 

-洋画