ドラマ、映画の気になる話題(30才以上限定)

ドラマ、映画関連の最新トレンド情報を見つける!!

洋画

シネマの天使

yjimage

シネマの天使

2015年11月7日公開

 

解説

122年の歴史を誇るも、2014年8月に閉館した広島県福山市の

映画館シネフク大黒座で撮影を敢行したヒューマンドラマ。

閉館が迫る老舗映画館で働く女性とその前に現れた謎の老人など、

同劇場をめぐる人々の人間模様を映す。

 

監督は、『ラジオの恋』などの時川英之。

『ももいろそらを』などの藤原令子、『奴隷区 僕と23人の奴隷』

などの本郷奏多、『ロボジー』などのミッキー・カーチスらが出演する。

全編にあふれるノスタルジックでハートウォーミングな雰囲気に浸れる。

(出所:シネマトゥデイ)

 

 

キャスト

藤原令子  本郷奏多

阿藤快   岡崎二朗

安井順平  及川奈央

ミッキー・カーチス

石田えり

監督・脚本 時川英之

 

ストーリー

老舗映画館の大黒座が閉館することになった。

そこで働き始めたばかりの新入社員 明日香(藤原令子)は、

ある夜、館内で謎の老人に出会うが、彼は奇妙な言葉を残し、

忽然と消えてしまう。

 

バーテンダーのアキラ(本郷奏多)は、いつか自分の映画を作りたいと

夢見ている。

大黒座の女性支配人(石田えり)は、閉館への反対を押し切って

気丈に振る舞っていた。

泣いても笑っても、もうすぐ、大黒座はなくなってしまう…。

 

劇場の壁という壁が、町の人々が書いたメッセージで埋まっていく。

そしてついに閉館の日。

スクリーンに最後の映画が映しだされると、明日香の前に、

あの謎の老人が再び現れ…。

 

長い歳月の間、人々に愛されてきた映画館が、

最後にくれたサプライズとは―。

 

 

○シネフク大黒座

1892年開館、2014年8月閉館。

当初は芝居小屋で、徐々に映画館に移行した。

昔は上映後は必ず拍手がおこり、最盛期の1960年代は40万人を動員、

深夜まで1日7回上映したこともあったという。

 

本作に出てくる閉館セレモニーや工事は、実際の映像を利用。

館内の壁に観客が残した思い思いの手書きメッセージも

すべて本物を撮影した。

20140901134725

○シネフク大黒座をもっと調べると

通称 大黒座

開館 1892年

閉館 2014年8月31日

最終公演

『崖の上のポニョ』、『泣きながら笑う日』、『少女たちの羅針盤』

4スクリーン 客席数 190席・361席・190席・50席

運営 株式会社フューレック

所在地 広島県福山市笠岡町3丁目9番地 シネフクビル

 

歴史

1892年、芝居や演芸ができる劇場として大黒座が開館。

1927年には放火による火災にあって再建され、

1945年8月8日には福山大空襲によって焼失したが、

1950年12月に木造2階建で再建された。

1955年の『全国映画館総覧 1955年版』には、大黒座が記載されており、

座席数は658席、大映・新東宝系の映画館であるとされている。

 

1960年の『映画館名簿 1960年版』には、座席数は750席に増加している。

三代目の大黒座では美空ひばりや長谷川和夫なども上演した。

1960年には3度目となる火災に見舞われたが、これを機に鉄筋コンクリート造の

建物に建て替えられ、当時の地方都市としては別格、中国地方では2番目の

70mmフィルム上映設備を備えた大劇場・大黒座と地下の新天地大映

(後に福山新天地劇場、スカラ座)の2スクリーン体制となった。

 

この建て替えの際にはフランス製の演劇鑑賞用のシートが導入されている。

 

1960年代が最盛期であり、年間約40万人もの観客を集めた。

運営会社の藤本興行は大黒座を含め、福山市内で7館の映画館を運営していた。

1975年の大黒座は福山市伏見町の福山ピカデリー劇場とともに

洋画ロードショウ館であり、510席があった。

 

1987年には2階にミラノ座が開館し、シネフクビルは大黒座、ミラノ座、

スカラ座の3スクリーン体制となった。

大黒座とミラノ座では大作ハリウッド映画が、

地下1階のスカラ座では松竹系の映画が上映された。

1990年代初頭には4スクリーン体制となり、2階に洋画のミラノ座、

1階に洋画の大黒座と邦洋のミラノ座2、

地下1階がスカラ座から改称した邦洋のミラノ座3となった。

 

2000年には福山市昭和町のグリーン劇場がミニシアターのシネマモードとして

リニューアルオープン。

2008年1月26日、シネマモードがシネフクビルの地下に移転する形で、

1階のミラノ座2がシネマモード1、地下1階のミラノ座3がシネマモード2となった。

これにより、4スクリーンの名称はそれぞれ大黒座、ミラノ座、シネマモード1、

シネマモード2となった。

 

2013年4月20日、大黒座、ミラノ座、シネマモード1・2を

「シネフク大黒座」に名称を統一する。

 

この年の10月期に『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』が

上映された際は、同作のキャラクターデザイン・総作画監督を務めた

田中将賀(広島県出身)とめんま〈本間芽衣子〉役の声優・茅野愛衣が

10月27日に舞台挨拶を行った。

 

また12月17日にはTOKYO DOME CITY HALLで行われた

『第3回AKB48紅白対抗歌合戦』のパブリックビューイングもあった。

2014年2月1日には『ラジオの恋』の公開を記念して、

主演の中国放送アナウンサー・横山雄二と監督の時川英之が舞台挨拶で来館。

8月23日には『サケボム』の公開を記念して、プロデューサーの

妹尾浩充(福山市出身)と主演の濱田岳の舞台挨拶が行われた。

 

2014年8月31日に、雨漏りや配管の不具合などの施設の老朽化、

市中心部の空洞化による売上減少などを理由に、シネフクビル内の

4スクリーンすべての営業を終えて閉館した。

 

閉館間際の数年間は年間観客数が7-8万人まで減少していた。

最終日には『崖の上のポニョ』(福山市の鞆の浦が舞台)、

『泣きながら笑う日』、『少女たちの羅針盤』

(いずれも福山市でロケが行われた作品)の3作品が上映され、

そのうち『泣きながら - 』に出演した俳優・阿藤快と

『少女たちの - 』に出演した女優・森田彩華が同館を訪れた。

 

9月の建物取り壊し前には大黒座を舞台とした映画『シネマの天使』の

撮影が行われた。

 

名称の変遷(1960年の建て替え以後)

2階 シネフク大黒座1 190席 福山ミラノ座→ミラノ座→シネフク大黒座1

1階 シネフク大黒座2 361席 大黒座→福山大黒座→大黒座→シネフク大黒座2

1階 シネフク大黒座3 190席 ミラノ座2→シネマモード1→シネフク大黒座3

地下1階 シネフク大黒座4 50席 新天地大映→福山新天地劇場→福山スカラ座→ミラノ座3→シネマモード2→シネフク大黒座4

(出所:ウイキペディア)

 

1960年代をピークに観客は減ってきたが、今全国的に「シネプレックス」

が生まれ変わりつつある。

映画館で観る映画の迫力は、家庭ビデオでは味わえないものです。

もっと映画館で映画を楽しみ、たくさんの感動を得て、

より大きく人として成長したいものです。

 

-洋画