ドラマ、映画の気になる話題(30才以上限定)

ドラマ、映画関連の最新トレンド情報を見つける!!

洋画

江口洋介と本木雅弘が初共演する「天空の蜂」

yjimage2

天空の蜂

2015年9月12日 公開

「天空の蜂」は、ベストセラー作家の東野圭吾が1995年に発表した作品。

原発をテーマにしたサスペンス小説で、一気に読んでしまう面白さだ。

なぜ映画化されなかったのか、不思議な作品です。

「SPEC」「20世紀少年」など話題作を手がけた堤幸彦監督がついに映画化したサスペンス大作です。

主演の江口洋介と本木雅弘が初共演し、史上最悪の原発テロ事件解決に向けて奔走する人々の活躍を描いている。

ヘリコプターで原発上空に停止し、原発を標的とする奇抜な発想と、息をつかせない限られた時間でのドラマが進行する。

映画になれば、よりハラハラ・ドキドキ感が増えそうだ。

yjimage6

原作:東野圭吾「天空の蜂」(講談社文庫)

監督:堤幸彦(『20世紀少年』シリーズ、『BECK』、『明日の記憶』)

脚本:楠野一郎
キャスト

江口洋介 / 湯原一彰 

錦重工業の設計士
奪われた巨大ヘリ≪ビッグB≫の設計士。
ヘリ墜落を阻止すべく奔走。

本木雅弘 / 三島幸一 

錦重工業の原子力機器設計士
狙われた原発「新陽」の設計士。
湯原と同期。原発を守るために奔走。

仲間由紀恵 / 赤嶺 

三島の恋人。事件解決の鍵を握る

綾野剛 / 雑賀 

巨大ヘリ≪ビッグB≫を奪った謎の男。

柄本明 / 室伏 

地元のベテラン刑事。犯人を追跡する。

國村隼 / 中塚 

原発「新陽」の所長。事件現場を統括する。

石橋蓮司 

原子炉核燃料開発事業団「炉燃」理事長。

竹中直人 

警察庁長官。

向井理 

自衛隊員。 2011年の日本で、救助活動に向かう。

yjimage4

ストーリー

物語の舞台は1995年。

防衛庁から奪取された最新鋭にして日本最大のヘリコプターが、

遠隔操作により、稼働中の高速増殖炉がそびえ立つ原発上空に現れ、

日本全国の原発の停止を求める犯行声明を出す。

残された時間は、10時間しかない。

ヘリの中には子供がいる。

子供は助けられるのか。犯人は捕まえられるのか。

 

原作者の東野氏は、今まで書いた作品のなかで一番思い入れが強いのは、

この作品だと答えている。

東野氏の思いがこもった原作は、時代の先見性、社会性に満ちており、

今もロングセラーになっている。

 

江口洋介と本木雅弘、2人の共演者がこの映画に対する思い。

「それぞれに家庭を持つ現実があり、世代も近いので見てきたものも同じだから親近感はありますよね。

江口さんはすごくオープンマインドで、素直な情熱のある人への接し方、持っている資質が湯原にうまく反映されている。

私は愚痴、へ理屈、自意識からの自虐あたりを糧にして、落ち込みをバネに食いつないでいるところがあるので(苦笑)。

そのあたりが三島の内に掘り下げてしまうキャラクターに似通っているかも。

そういう意味で、いい組み合わせなんじゃないでしょうか」

と自嘲気味に分析する本木

 

江口はこれに答えて、

「ずっと本木さんの作品も見ていましたし、映画であるラインをつくっていった俳優さんだという意識がある。

自己をプロデュースされる能力も感じていて、台本を読んでいる時から本木さん演じる三島の映像が見えたので僕もすんなり役に入れたし、違う人だったら重くなってしまう部分を本木さんが演じることで、間口の広がる映画になると思えた。

すごくち密ですし、僕も体を張って立ち向かっていく。

そういう湯原と三島の関係を、ちゃんと映画の中に収められたのではないかと思います」

「自分たちが3.11を経験した後にこの映画をやる意味という事は考えましたね。

言葉にするのはすごく難しいですけれど、もちろん計算されてできた台本ですけれど、劇映画の中で真実味みたいなものをどういうふうに表現するかが僕の中で課題でしたね」

 

一方の本木は、

「堤さんに少しでも成長した自分を見せられたらという期待と、今回闇を抱えている役だというものを新鮮に感じました。

今まで、原発も含め世の中で起きる不測の出来事に対して、自分の立ち位置をはっきりさせてこなかった事に恥ずかしさというか、罪悪感があったんです。

そういう自分を戒める気持ちもあって、作品を通じてですが、正面から頭を突っ込んで自分が何を感じ取れるか、見つめてみたいと……」

 

 江口

「原作が発表された頃の大人は家庭を顧みず、寝ずに働いていましたよね。

特に設計士は職場にこもりがちな仕事なので、気づかぬうちに子どもは大きくなって家庭との距離ができていた。

だから自分が作ったものを子どもに見せて、父親として認めてもらいたかったんでしょうね。

そんな日に大事件が起こってしまう。

そこからはもう湯原はパニックで、完全に非日常の中で走っていましたね。

普通の父親が子どもに対してどういう希望を残していくかという軸を、どうリアルに見せるかを考えていました」

 

本木

「ある意味命を懸けながら技術を向上させている仕事ですよね。

F1レーサーのように危険と隣り合わせで働いて。

しかし、優れた能力を持っている人間でも親子のコミュニケーションがうまく取れなかったことに傷つき、後悔し、ざんげしたくなる。

そういう人間らしい業の流れにすごく共感できました。

現代的なテーマですが、普遍的な人間関係の切なさに魅かれましたし、そこは素直に受け止めてやりました」

 

本木

「私たちの仕事もすごく不定期で危うさはあるので、先が見えないという意味では家族も常に同じ不安を抱えていると思います。

幸い不定期な分だけ、逆にまとめて家族に向き合える時間を大切にしようとは心がけています。

でも、私は自意識に振り回されるので、素直に家族に感謝し、自分をオープンにして思い切りよく家族と楽しむことができない不器用なタイプ。

恐らく、江口さんは違うと思いますよ」

 

江口

「いやいや(笑)。最近、原発についてや、世の中に戦争が起こっている国があるんだと出てくるようになってきましたね。

時間がある時は家族とそういう話をするようにしていますけれど、決してそんなに多く向き合えてきたわけではない。

僕の場合は、ちょっと休みがあったら海や川や山に連れて行きますけどね」

 

本木

「今、ひゅんひゅんひゅんって小さくなっちゃった」

江口

「本やゲームなどでは分からない、体で感じることを体験させていくのが僕の役目かなと思って。

そう言いながら撮影に入ったら家にいる時間は少ないし、年に何回かですよ。でもその時は濃厚に体を張ります」

(出所:映画.com)

 

天空の蜂がすばらしい作品として評価されればうれしいですね。

-洋画