ドラマ、映画の気になる話題(30才以上限定)

ドラマ、映画関連の最新トレンド情報を見つける!!

洋画

山田洋次監督、吉永小百合主演「母と暮せば」

yjimage

「母と暮せば」

2015年12月12日に公開予定。

監督 山田洋次

キャスト

吉永小百合

二宮和也

黒木華

浅野忠信

加藤健一

小説家・劇作家の井上ひさしが、広島を舞台にした自身の戯曲「父と暮せば」と対になる作品として実現を願いながらもかなわなかった物語を、日本映画界を代表する名匠・山田洋次監督が映画化した。

主人公の福原伸子役は、吉永小百合が演じ、その息子・浩二役で二宮和也が初参加。

「小さいおうち」でベルリン国際映画祭銀獅子賞(女優賞)を受賞した黒木華が、浩二の恋人・町子を演じる。

解説

1948年8月9日、長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で死んだはずの息子・浩二が現れる。

2人は浩二の恋人・町子の幸せを気にかけながら、たくさんの話をする。

その幸せな時間は永遠に続くと思われたのだが……。

 

山田洋次監督の映画は、いつも感動に包まれています。

そして、なぜかほっとして感動の余韻が残って終わります。

この映画も、今の人たちに伝えていかなければならないことだと思います。

その余韻が伝わればよいのではないでしょうか。

 

ニュースにもなりましたが、この映画の音楽を坂本龍一が担当する。

坂本龍一は、中咽頭(いんとう)がんのため療養していたが、この映画の劇中音楽を手がけ、仕事復帰することがわかりました。

 

坂本と親交のあった吉永が橋渡し役となり、山田監督との初タッグが実現したのです。

山田監督の「男はつらいよ」シリーズの大ファンという坂本は「この2人に何かを頼まれて断れる日本人がいるでしょうか」とコメントした。

山田監督の通算83作目となる作品。

13年春に企画が動き出したときから、山田監督は「主役は吉永小百合、音楽は坂本龍一、このお2人しか考えられない」と構想していたという。

 

吉永は、ライフワークの原爆詩の朗読会で坂本がピアノ伴奏を担当するなど親交があった。

昨年4月、坂本のコンサートへ山田監督とともに訪れ、紹介。

山田監督はその場でオファーし、坂本も「男はつらいよ」の大ファンだったこともあり快諾した。

 

映画は7月中旬に撮影を終え、秋の完成に向けて編集作業を進めている。音楽は坂本と山田監督が作品イメージを話し合い、これから作っていくという。

反原発活動を続ける坂本は、今作が長崎の原爆投下後の物語であることから「核のない世界を望んでいるぼくとしては、やるしかありません。このような大作が、復帰第1弾の仕事なのですから、ぼくは本当に幸せ者です」とコメント。

 

 

現在撮影中の山田洋次監督の新作『母と暮せば』。

7月10日、長崎の黒崎教会で、クライマックスシーンの撮影が行われました。

長崎のカトリック教会を舞台に、母親の伸子(吉永小百合)と息子の浩二(二宮和也)が教会の中を二人で寄り添って歩く、ラストシーンです。

 

教会の中には、親しかった懐かしい人々が勢ぞろいしている感動的なシーンです。

 

撮影の合間のコメント

Q 長崎を舞台にしている「母と暮せば」、今回長崎でクランクアップを迎えるということで、長崎での撮影について感想など。

山田監督 コメント

一昨年の春の終わり頃にこの企画に巡り会って運命のようだなと思いました。

そしてこれはなんとしても作らなければと思ってから、二年の歳月が過ぎて、この長崎の地で主な出演者がみんな集まって、クランクアップを迎えることができ、こういった形で作品を終えることができると思うと「よーい、はい」と言うのもなんだか胸がいっぱいになります。

また、俳優、スタッフみんなに感謝の気持ちでいっぱいです。

吉永小百合

戦後70年のこの年にこの作品に参加できて感無量です。

でも、山田監督のこの映画にかける熱い思いや情熱に応えられているかどうか、今はとても不安で不安で、もっともっとできたんじゃないかと自分では反省しているんですけど、素晴らしい共演者の方々と共演できてクランクアップを迎えられるということはとても嬉しいです。

公開したらたくさんの人に見てもらいたいと願うばかりです。

二宮和也

僕は初めての山田作品への参加で、初めはとても緊張していたのですが、一日一日が非常に贅沢な時間だと感じることができました。

また僕は作品の性質上、吉永さんとしか会話ができないので(笑)、今日はこんなにたくさんの人と会えて嬉しいですし、新鮮な気持ちです。

長崎という地で終われるのが、卒業旅行ではないですけど、この地で終えられてよかったなと思っています。

黒木華

長崎の話ですし、こうして長崎で撮影ができるのは非常に嬉しいです。

山田監督がずっと「戦争を知らない世代に伝えたいことがたくさんある」とおっしゃっていて、私も身近な話ではなかったので、この作品を通して、少しですが知ることができて、いいきっかけになりました。

浅野忠信

僕は山田監督と吉永さんとは「母べえ」以来ですが、今回またご一緒できてとても光栄です。

僕はとても大きな役ではないのですが、とても重要な役をいただいて、非常にやりがいがあるのですが、現場でも色々なことを勉強させていただいて、非常に楽しかったです。

(監督)

彼は「父と暮せば」でも宮沢りえちゃんの恋人役で出演しててね。
不思議な縁ですね。

加藤健一

非常に素敵な教会で撮影できて、感無量です。

先日、喫茶店に行ったらば、時計が30個ぐらい置いてあって、全て11時2分で止まっていました。

長崎の人たちの想いが強く残っているんだなと感じてます。

 

Q 戦後70年、かつ長崎は被爆70年という年ですが、どういう思いで本作に取り組んでいるか?また、観客の方々にはなにを感じて欲しいですか?

山田監督

長崎にお住まいの方でもほとんど戦争を知らない。

でも他の土地と違って、自分の親戚ご両親、おじいさんおばあさんが被爆したという人はたくさんいると思う。

そういった意味ではこの映画は長崎の人たちにとって特別な映画になるかもしれない。

また、長崎の人たちに見てもらって、納得してもらえるような、満足してもらえるか大きなプレッシャーです。

見ていただいたうえで、色んな意見を聞いてみたいと思います。

吉永小百合

原爆をテーマにした作品では「愛と死の記録」が、私が21歳の時に出演した広島の映画と、テレビでは「夢千代日記」と、今回で3作目なんですけど、初めての長崎の作品で長崎の方たちに素晴らしい協力をいただいて、今回できました。

長崎の方たちの思いを少しでも日本中の人に知ってもらいたいという思いです。

二宮和也

戦争と原爆、被爆したということもそうなんですけど、そこの思いは、僕たちは丁寧にやらせていただいたという印象があります。

それに加えて、どこにでもあるひとつの家族の寂しさだったり苦しさだったり、また昔を振り返っての楽しい思い出だったり長崎を初めとした日本中どこにでもある日常を描くほうも丁寧にやらせていただいたと思います。

それが伝わっていけばいいなと思います。

 

Q 日常を丁寧に描いているとおっしゃってましたが、そこに含まれる吉永さんと二宮さんは親子をずっと演じられて、お互いどのような感想をお持ちになりましたか?
また、山田監督はその2人を撮って、どのような印象を感じたかお聞かせください。

吉永小百合

二宮さんとは初めて会ったその日から、もしかしたら本当に自分の息子なんじゃないかと思うくらい、寄り添って演じることができました。

かわいい息子です。

お芝居は二宮さんはとてもしなやかなで、どんな状況でも力を入れずに、本当にすばらしい存在感で、私は引っ張ってもらいました。

こういう息子に出会えて本当によかったと思います。

二宮和也

そう言っていただけただけで、この作品に出てよかったと思います。

吉永さんから、僕の小さい頃の写真を見せてほしいと言われ、僕も久しぶりに自分の写真を見ました。

そのことをきっかけに、実際には共有していない思い出などが想像できました。

本当に、とても優しいお母さんで、撮影が終わる度に「よかったね、よかったね」と言ってくれて、一度撮影が終わった時に抱きしめてくださいました。(笑)

(吉永)あんまり素敵なお芝居だったので(笑)

(二宮)本当に「よかった」と言っていただけたので、そういった事も、先ほども言った贅沢な時間だったなぁと。

(監督)本当にお二人は甘ーいんですよね。

とても甘いトローンとした味が漂っていてね。

小百合さんも浩二の役に二宮さんが決まったと聞いたら、何度もよかったと喜んでくれて、いいキャスティングができたというよりは、この二人じゃなかったら成り立ってないんじゃないかと。

時として恋人に見えるような甘さ、そういう独特の母子の物語になりえているのではないかと思います。

 

Q 長崎ロケにこだわった思いは?

山本監督

なにしろ昭和23年の物語なので、本当はたっぷり長崎ロケをしたかったんだけど、その頃を再現できる場所があまりないんですよ。

ただ、教会はみな古いし、教会は浦上を除いては現存しているのだから、だから教会は絶対に長崎で撮ろうと思ってました。

そこに長崎の信徒さん達に参加してもらって、クライマックスで合唱してもらって、エンディングを迎えるというのは最初からありました。

だから、たくさん教会があるので迷いましたけど、最終的にこの教会を選んで良かったと思ってます。

この教会の歴史がそのまま画に映るようであってほしいと思いながら撮影してます。

 

感動を与え続ける山田洋次監督の映画はぜひ見に行きたいですね。

楽しみにしましょう。

 

 

-洋画