ドラマ、映画の気になる話題(30才以上限定)

ドラマ、映画関連の最新トレンド情報を見つける!!

女優

尾野真千子が結婚した!

image

会社役員と結婚した尾野真千子
尾野真千子(33)が、「EXILE」らが所属する芸能事務所「LDH」の専務を務める40代前半の男性と結婚していたことが分かった。

関係者によると、2人は数日前に都内の区役所に婚姻届を提出したという。

相手の男性は、社長を務めるHIRO(46)の右腕的な存在と
して、男らしい性格でタレントにも慕われているという。

男性の一卵性双生児の兄は副社長を務めている。

 

尾野はLDH所属のタレントとの共演機会も多く、ドラマの打ち上げなどで顔を合わせたのをきっかけに意気投合。

約1年間の交際を経てのゴールインとなる。

ともに明るくほがらかな人柄でありつつ、仕事に対しては一本気なところも共通しており、交際直後から結婚を意識していたという。

 

尾野は今後も映画「起終点駅 ターミナル」「エヴェレスト―神々の山嶺」「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」などの公開が控えている売れっ子女優。

現在は、来月から撮影がスタートする作品の準備中という。

人生のパートナーができたことで、より一層仕事にも力が入りそうだ。

略歴

●尾野 真千子(おの まちこ) 本名同じ

「4人姉妹の長女から“子”、二女から“千”、三女から“真”、

姉たちから1字ずつもらって“真千子”です。

1981年11月4日生まれ。愛称は、オノマチ。

奈良県吉野郡西吉野村(現:五條市)出身。

身長161cm。

 

代表作は、映画『萌の朱雀』『殯の森』、

テレビドラマ『火の魚』『カーネーション』など。

 

中学3年生の時、地元中学校で靴箱の掃除をしている際に

映画監督の河瀬直美の目にとまり、1997年の映画『萌の朱雀』で

主演デビュー。

2000年、奈良県立御所高等学校(現:奈良県立青翔高等学校)を卒業後に上京、映画を中心に女優として活動。

2007年、地元の奈良県で撮影された映画『殯の森』で再び河瀬監督とタッグを組み主演に抜擢された。

『殯の森』は第60回カンヌ国際映画祭でグランプリを獲得し、以降注目される。

2011年、平成23年度下半期のNHK連続テレビ小説『カーネーション』のヒロインにオーディションを経て起用され、コシノ三姉妹の母でファッションデザイナーの小篠綾子をモデルとした主人公・小原糸子を演じた。

2015年7月27日、ドラマで共演することが多いEXILEのメンバーが所属する芸能事務所LDHの専務と結婚していたことが明らかになった。

 

東京ドラマアウォード2012で『家政婦のミタ』により脚本賞を受賞した遊川和彦は「うちの主役(松嶋菜々子)が、主演女優賞を取れなかったのは残念。

なぜなんだと思ったが、『カーネーション』の尾野さんならそれでいいと思いました。

本当に尾野さんはすばらしかったです」と主演女優賞を受賞した尾野を称賛した。

 

結婚をバネにさらに飛躍して欲しい女優です。

(スポーツ報知 7月27日 配信)

-女優